中性脂肪は悪いものじゃない。けど、摂り過ぎには注意する

・健康診断の結果、中性脂肪を指摘された
・フライドポテト、からあげ、ハンバーガーなど油の多い食事が好き
・ウエスト周りが出てきた

中性脂肪は、私たちの体内にある脂質の中の1種類です。

決して悪いものではありません。むしろ健康に日々を送るためのエネルギーになる大切な成分なんです。

ですが、摂り過ぎにより必要以上の量が体内に入ってしまう。さらには運動が不足してしまう。
使いきれなかった分は、体に蓄積し、太ってしまったり脂質異常症のもととなってしまう可能性もあります。

「欧米化」という言葉がありますが、食生活もその1つです。
日本人は本来、炭水化物が中心だったようですが、現在ではそういった食生活をしているご家庭の方が少ないのではないでしょうか。

魚より肉、
むね肉のサラダよりもから揚げ
うどんよりラーメン
おひたしよりもマヨネーズたっぷりのマカロニサラダ だったり。
和菓子より、バターたっぷりのクッキーやケーキ

育ち盛りの子どもたちはともかく、私たち世代の年齢にしては油の多い食生活になりがちですね。

海藻ポリフェノールに注目
理研ビタミンが研究したところ、中性脂肪を抑える働きがあることが判明。

油の多い食生活を控えることや、運動も大切ですが、プラスアルファとして海藻ポリフェノールが配合されたサプリを
検討してみるのもいいかもしれません。

子どもの好み、家族の好みもあるし大幅に食事内容を変えることは難しいです。
仕事をしているお母さんも多いので、大人だけ別メニューを作るのも手間がかかり過ぎて大変なので
プラスワンアイテムとして良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする